クレジットカード現金化が会社にバレる事はある?

クレジットカード現金化は、ほとんどのクレジットカード会社から禁止されている行為です。

 

そのため、クレジットカード会社にバレると、直ちにカードの利用停止という厳しい措置を取られてしまうことになります。

 

しかし、クレジットカード会社が禁止している行為でも、法律的に違法というわけではありません。

 

かなりグレーゾーンではありますが、違法行為ではないため、警察が自宅にやって来て逮捕なんて悲劇を経験することもなければ、心配する必要もありません。

 

カードローンとかキャッシングの申し込みをすると、在籍確認と言って職場に電話が入ります。

 

金融機関が社名を名乗って電話をするわけではありませんが、電話を受けた職場の人が勘の良い人だと、バレてしまうリスクは少なからずあるものです。

 

しかしクレジットカード現金化の場合には、職場に電話をするという審査があるわけではありません。

 

基本的には、運転免許証で本人確認をし、クレジットカードが犯罪にかかわっていないことがきちんと確認できれば、職場に電話が行くことがないだけでなく、その時に仕事をしていないフリーターでも現金化してもらうことは可能なのです。

 

周囲にバレやすいという点では、クレジットカードを作る時の方が現金化する時よりもずっとハイリスクと言えるでしょう。