カードの番号なしでも出来るって本当なのか?

ショッピング枠現金化はとても簡単で便利なものです。
良心的なカード現金化の業者が多いことと、その手軽さゆえに、年々利用者が増えてきていますが、中には悪徳業者も存在しています。
多くの利用者は自分だけは騙されないと思っていますが、悪徳業者はあまりに言葉巧みに詐欺行為をはたらくので、見抜けない人が多いのが現実です。

 

特に、クレジットカードの番号を聞かれたら要注意です。
絶対に教えないようにしてくださいね。

 

ショッピング枠現金化はオンラインで決済します。

利用者が、業者が指定する商品を買って、業者がカード決済が行われたのを確認してから、利用者が指定した口座へお金を振り込むという流れです。
ですから、クレジットカードの番号を業者が知らなくても出来るので、わざわざ番号を聞いてくるのは非常に怪しいです。

 

決済のためにどうしても必要だからと最もらしいことを言葉巧みに言われても、番号は決して漏らしてはいけませんよ。

 

それから、審査のために必要だからとカードの番号を聞き出してくる業者もいます。
しかし、クレジットカードを持っていて、使える状態ならわざわざ審査する必要はないので、こういう変な事を言ってくる業者も疑ってかかりましょう。

 

また、本人確認のために免許証や保険証などと一緒にクレジットカードの提示やFAXでの送付を求められる場合もきっぱり断りましょう。
特に、クレジットカードの裏には、実は暗証番号がかかれており、この番号が知れ渡ってしまうと、オンライン上で自由にカードを利用されてしまいますよ。

 

とにかく、詐欺に遭わないためには事前に現金化の仕組みをしっかり知っておくことが大切です。

曖昧な点をなくして、細部まできちんと正しいカード現金化の方法を自分の頭に入れておくのです。

 

そうすれば、悪い業者に惑わされて不用意に自分の情報を提供してしまって詐欺にあうことは避けられるでしょう。
現金化の詐欺から守ってくれる大々的な法律はないので、自分の身は自分でしっかりと守ってくださいね。