ショッピング枠現金化は繰り返し利用しない

ショッピング枠現金化はあまり多用しないように気をつけましょう。法律上は限りなくグレーですが、信販会社に発覚すると規約違反として強制解約になります。

 

ショッピング枠を利用して現金を手にするメリットのひとつに、消費者金融業者の利用ではないため、個人信用情報に傷がつかないというものがありますが、かといって繰り返し利用するのは考えものです。

この方法でお金を調達するということは、収支のバランスが崩れて、支出が収入を上回ってしまったということです。

 

金策には色々な方法がありますが、そのうちショッピング枠の利用は最終手段という程度に留めておいた方がいいでしょう。消費者金融との契約が不可能であったり、そもそも借入額が年収の3分の1以上であったりなど、困ったときの最後の資金調達手段としてとらえておく方が良いでしょう。

 

ショッピング枠現金化は、様々な資金調達方法があるなかで、最も金利面では不利です。

また、悪質な業者も数多く存在しています。口座から預金を引き出すような感覚に陥ってしまうのは危険です。

 

決済額の支払いは1ヶ月後に必ずやってきます。それまでの生活資金のつなぎ程度として利用し、1ヶ月後の支払いできっちりと返済できるようにしておきましょう。