ショッピング枠現金化でやってはいけない行為はこれだ

簡単に現金が手に入るショッピング枠現金化。

でもそれは簡単がゆえに返済地獄に陥る人もとても多い傾向にあるようです。

そもそもクレジットカードでの買い物をしたときはリボ払いを除き翌月での返済が一般的です。

カード会社によって返済の日にちが自分のお給料日にあわせて変更できるだけで以外は特別かわることは余り無いと思います。

つまり、クレジットカードのショッピング枠を使った現金化の返済期限もまた同じということが理解できると思います。

ですので、絶対にやってはいけないのは消費者金融などのキャッシングの返済にショッピング枠現金化を利用するということです。

これは絶対にやってはいけない行為です。

現金化の取引の中で禁止されているわけではありませんし、現金化業者が拒否をすることもまずありません。

ですが、そもそも借金を返済するのに借金をするようでは破産するのも時間の問題です。

どうしても事情があり、お給料が2ヶ月に1回しかないということで来月返済できると思っても翌月にはまた同じ事を繰り返してしまう人を沢山見てきました。

さらにはカードが返済能力の欠乏によって利用できなくなって借金地獄になります。

でも、自己破産すれば良いとお考えの方はもっと危険です。

自己破産するにはその状況に至るまでの経緯がとても重要になってきます。

ですから簡単に借金を手続きすればチャラになるって思っていると大変なことになります。

自身で返済できなければ家族や親族に及ぶケースもありますから注意が必要です。

まとめとしてはショッピング枠現金化を行う際は長期でも短期でも返済できる計画を十分に立ててから行うことをおススメします。

やってはいけない行為は無計画での利用です。